ラージメスティン(TR-209)の下準備!バリ取り、シーズニング

キャンプ飯

2019年GWは、姉夫婦(+子供2名)と一緒に2泊3日キャンプへ行く予定です。

皆お米が好きなこともありまして炊飯したいのですが、メスティンしか持っておらず、大人4人、子供2人は満足できなさそうです。

そこで、姉夫婦がラージメスティンが欲しいということで、ネットで探しました。

どの店舗も値段2倍以上でしか売っていなく、、、メスティン人気なんですね。

そこで、市内のアウトドア店へ電話をかけまくりました。

最初の5店舗は在庫なく、取り寄せも未定。

もう手に入らないのかもしれない、、、と諦めていたところ、モンベルにあるという情報をフォロワーさんからいただきましたので、モンベルへ電話してみることに。

モンベル1店舗目は在庫なし、取り寄せもできない、、、。

2店舗目は在庫はないですが、取り寄せはできるとのこと!

早速、取り寄せをお願いしました。2日後、、、、

ようやく手に入れました!

定価2250円(税別)!

苦労して手に入れると、達成感がありますね!

メスティンは、使う前にやる(やった方がいい)ことが2つあります。

1つ目がバリ取り、2つ目はシーズニングです。

 

バリ取り をきちんとしておきましょう。

メスティンの端の方はバリ取りがされておらず、下手をすれば手を切ってしまいます。

そこで、バリ取りをします。

100均で売ってるサンドペーパーを使いました。

ふた側も本体側も丁寧にやっておきましょう。

粉がたくさんでますので、新聞紙を下にしきましょう。

  

シーズニングとは?

続いてシーズニングです。

メスティンはアルミの削り出しで、テフロン等のコーティング加工が一切されていません。

コーティングがないので、買ったそのまま使ってしまうと、アルミ臭い米になってしまうのと、焦げやすくなってしまいます。

そこで、コーティング(のような)加工をすることをシーズニングと呼びます。

 

調べた限り、方法は、米のとぎ汁で煮込む、くず野菜で煮込むのどちらかのようです。

引きこもり夫婦は米のとぎ汁で煮込む方法でやってみました!

15分ほど煮込みました。

 

完成です!

バリ取り、シーズニングができました!完成です!

コメント